遅れましたが、新年おめでとうございます。

皆様にとって、昨年はどのような一年だったでしょうか?

昨年私が患者様から頂いたお声の中に、3つ心に残った言葉がありました。

①早く死にたい、死にたいって思っていたけど、もう少し長生きしてもいいかな。

これは、70代後半の患者様でした。

首肩痛、耳鳴りでお悩みだったそうで、来院時はとても暗い顔をされていました。

でも、このお言葉を頂いたときはとても素敵な笑顔をされていたので、大変印象に残りました。

 

②家のリフォームや、老人施設、介護のことばかり考えていたのが、最近は考えなくなりました。

こちらは、50代後半の患者様。

40代から腰痛が酷く、まともに歩けないこともしばしば。。

自分の将来を悲観されていたみたいですが、少しずつではありますが症状に変化が現れ、最近はお出掛けのことを考えることもあるそうです。

 

③大宮まで行ったよ。

50代男性

疼痛の為、歩くことが困難で本当に辛かったそうです。1年間、他の治療院に通っていたけど改善せず、当院に来て下さいました。

近所の買い物も、カートに掴まってやっとだったのが、大宮まで買い物に行ってきたよー!とご報告を受けました。

 

患者様からの励ましのお言葉、何気ないお言葉が、ワタクシにとっては本当に励みになりますし、嬉しく思います。

これだから、この仕事を辞められないんだなぁ・・・って思います。

 

今年も、少しでも多くの笑顔を拝見できるように、益々努力いたしますので、

今後ともきりん接骨院を宜しくお願い致します。

 

きりん接骨院

院長(一人だけど)

中原 亮