杉戸町 腰椎椎間板ヘルニア ①

こんにちは。

きりんです。

皆様に当てはまるかどうか分かりません。

治る人もいれば、治らない人もいます。

ワタクシに原因がある場合もあります(技術や経験の不足など)。

患者様に原因がある場合もあります(治療に後ろ向き、禁止事項を守れない、通院頻度が適当など)。

でも、同じ悩みで苦しんでいる方がいらっしゃれば、この記事をみて励みになればと思います。

2018. 7/31 一応巣立って行かれました患者様のご紹介。

40代 女性 職業デスクワーク

運動しない。

残業大め  睡眠不足大

喫煙、飲酒無し。

住まい 東京

 

初回治療前の写真

写真を撮るとき、ワタクシ必ず『良い姿勢でお願いします。』って声を掛けます。

この方は、この後ろ重心の姿勢を良い姿勢だと思っているんですね。。

3つの病院での診断名 腰椎椎間板ヘルニア 筋筋膜性疼痛症候群

事の始まりは2016年9月 デスクワーク中にお尻の辺りがピリピリし出す。

きっと、運動不足のせいだと思い、トレーニングジムに通ったり、ウォーキングを始めたりするも症状は良くなることはなく、しばらく時間が経過する。

数ヶ月トレーニングをするも、症状は少しづつ悪くなっていった。

腰痛も併発。

これは、やばいと思い、会社の前の整骨院に駆け込み、数回治療を受ける。

治療が合わなかったのか、症状の進行期だったのか・・・・

しばらくしてから症状が急速に悪化してくる。

怖くなり、会社近くの今度は整形外科にて低周波治療を続けて、痛みや違和感消失し仕事を通常通りこなす。

残業、夜更かし、残業、夜更かし・・・・・

会社で帰れなくなるくらいお尻痛くなる。

Taxi通勤の始まり。

2週間くらいタクシー通勤。

その後、休まないと痛くてどうしようもない。

一週間休んで、二週間仕事

一週間休んで、二週間仕事の繰り返しとなる。

もちろんその間もタクシー通勤。

Tクリニックにて、レントゲン・MR-Iの検査結果により、

椎間板ヘルニアであると診断される(第3・4腰椎間+第5腰椎・仙骨間の二箇所のヘルニア)。

大病院(J)に転院し、手術勧められる。

痛み止めの薬処方。

神経根ブロック、仙骨ブロック注射を数回試すも効果なし。

本人 『絶対に手術だけはしたくない。』

この間、1年ほど・・・・

お尻が痛くて全く座れない。

会社での業務は全て立ちっぱなしで行い、専用の立位専用デスクを作ってもらう

もちろん食事も座れないから、立って全ての食事を食べる。

自宅では、ほとんどの生活を寝てすごす

不思議と、寝転んでいると全く痛くなかった。

続く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加