産後ページ途中

杉戸町産後骨盤矯正 幸手市産後骨盤矯正

産後骨盤矯正

  • 杉戸町 整体
  • 幸手市 整体
  • 宮代町 整体

産後専用 骨盤矯正

普通の骨盤矯正ときりん式産後骨盤矯正の違い

骨盤の歪み

一般的な骨盤矯正産後骨盤矯正違いをご説明します。

骨盤矯正といってもやり方は様々です。

腰をひねってボキボキ鳴らすもの、特殊なベッドを使うもの、ブロックを使うもの、特殊な機器を使うもの、ベルトを使うもの、骨盤体操など、いっぱいあります。

どれにしても、骨盤の歪み、ズレを治すものです。

これは普通の骨盤矯正でも、産後の骨盤矯正でも共通する部分です。

 

しかーーし!!!

産後特有の体型を考えると、

これだけでは甘ーい!!!と、きりん接骨院は思っているのです。

整えるべきは、あと2点 骨盤の開きと股関節の開き

骨盤の開き

骨盤の開き

妊娠して出産までの間にリラキシンというホルモンが分泌され、関節部分の結合が緩み、骨盤が徐々に開いていきます。この緩みが妊娠中の腰痛の原因にもなります。

この開いた骨盤は産後1ヶ月の間に閉じようとしますが、家事や育児も重なって上手く閉じない場合や、ズレたまま固定されることがあります。

(ちなみに、美容大国韓国では骨盤をきれいに元に戻すため1ヶ月入院するところもあるようです。)

まぁ、もともと10ヶ月かけて開いたものが、そう簡単には戻らないということです。

股関節の開き きりん接骨院

股関節の開き

妊娠中のママさんを想像してみてください。

みんな、がに股っぽくなっていませんか・・・?

おなかが大きい分、外側に開きやすくなっているんです!

この2点がいわゆる産後の特徴であるお尻のたるみぽっこりお腹産前のジーンズが履けないということに繋がります。